« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ストラップ

ヘルパーさんに、可愛い鹿の付いたストラップをいただいた。

何処かにつけて置きたいと考えて閃いたのが、病院へ行く時に使っているバッグ!
ファスナーの穴に通してみたら丁度良い。鹿を掴むように持って横に引くだけで楽に開けられるようになった。

ストラップは他にも重宝している。手の悪い私の場合、ただのアクセサリーではなく、自助具の働きも兼ねている。
例えばデジカメや電子辞書にも付けているが、使う時とても取りやすい。

一つ一つのストラップにも思い出がある。電子辞書のは和歌山市の病院で隣のベッドに寝ていた方から頂いた物。あれからもう十年が経つ。

孫から貰ったのや、姪から無理やり失敬した物もある。形は小さくても、なくてはならない自助具の一つである。

| | コメント (4)

Dscf0038 沖を通過している台風は20号とか。これは足が速いのと、遥か海上を行ったので助かった。

二日ほど降った雨で、アサガオが生き生きとしてきた。生垣の剪定の邪魔になると、つれ合いは言うが、よく見たらまだ蕾を持っているので、もう少し残してやりたい。

今日はまるで九月のような気温。

| | コメント (2)

置き薬

農協さんから、置き薬を置かせてほしいと頼まれ、余り使わないと思ったがOKする。

子どもの頃「富山のくすりやさん」が回ってきて、紙風船を置いていってくれたのを思い出した。
重そうなコウリを背負って、バスも通っていない道をテクテク歩いてやって来た。

薬屋を見かけると、「越中富山のマンキンタン、鼻くそまるめてアンポンタン」と囃す悪童も居た。

さて、今時の薬屋さんは爽やかな好青年。紙風船はないが胃薬を下さった。箱の中身は昔はなかった栄養(?)ドリンクやエレキバン、かゆみ止め、サビオ等が入っている。

それにしても農協さんが置き薬まで商売にしているとは・・・。全く以って、驚き、桃の木、山椒の木だネ。

350

終日雨。室温25℃。

| | コメント (4)

季節外れ

011_4 アジサイが咲いたと、孫から写真が届いた。今頃珍しいのでUPしてみる。

葉はアジサイだが花はイメージに遠い。
新種かナ?


昨夜は蒸し暑くてたまらず、扇風機を回し、頭をアイス○ンで冷やして 寝た。

十月だと言うのに、まるで真夏のような暑さは身体に堪える。 

| | コメント (2)

食べ過ぎ

昨日の午後は「腹がぱんぱん張って気色悪い」と言っていたつれあいが、今朝は鼻歌でゴキゲンだ。

「腹ぱんぱん」の原因は、お昼にヘルパーさんが作って下さった、天ぷらの食べすぎだと思う。私がそう言うと「そがえな事ぁない」と言っていたが、当たっていても、「そうやなぁ」とか「オラもそう思う」等と言う人ではない。

まぁ、苦しいのが治まってよかった。歳も考えて、食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しないとネ!


カラスに食べられている柿の木に「てぐす」を張り巡らしたが、いっこうに効き目がないようだ。
今年は「イノシシも来ている」と連れあいは言うが、お目当ては柿の実だろうか?


朝夕は涼しいが、昼間はまだ夏!      

| | コメント (3)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »