« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

昨夜の月見には、形ばかりのお供えをした。

ススキが出ていないので、青々としたカヤとハギを挿し、お盆にサツマイモ、サトイモ、ナシ、クリを載せただけ。

お酒やご飯は、つれあいの「要らん」のひと言でお供え出来なかった。
「写真に撮っておくか?」と、訊かれたが、満足いかなかったので、今度は私が「要らん」と返事した。 お月様ゴメン。

写真はお月見と関係のないコスモスKosumoso350Kosumosu

|

先日、姪の結婚式がありました。私は遠慮しましたが、連れあいと息子達が出席して写真を沢山撮ってきてくれました。

珍しいと思ったのは、手作りの四角いケーキを、新郎新婦と双方の両親、つまり6人でナイフを入れている場面でした。
プライバシーの関係で写真は掲載できませんが、いいなぁと思いました。
Photo

|

お米がなくなったので、つれあいが「○コープへ買いに行ってくら」と話していたら、まるで聞こえたかのように、親戚の和ちゃんが新米を届けてくださった。
実は毎年いただくので、今年も当てにして待っていたと言うのが本音である。
「持ってくるのが遅なってしもて・・・」と、詫びを言って下さるので、こちらのほうが恐縮する。

元気な頃は、田植えも稲刈りも手伝いに行って、頂いていたお米だが、病気になってからは、何の手伝いもしないのに、昔と同じように届けてくださる。
伯父の代から従姉の代になり、その従姉も一昨年亡くなり、いまは一人息子の和ちゃんが農業を継いでおられる。
放置されたり、人に頼んで耕作してもらう田畑が目立つ時代に、米作りを続けているのは本当に立派なこと。

さぁ今日から、ご飯を食べるのが楽しみになってきた。いただきま~す!

|

先の参院選で自民党が敗北してから、政治家の口から「国民の目線」とか「国民の感覚」と言うような言葉がやたら出てくるようになった。

今になって「国民」の存在に気がついたようで可笑しくなる。我が身が危うくなると、こうも変るものか。

大臣をたった7日しかやらなくても、マスコミが「前大臣○○氏」と呼ぶのもおかしい。「前」や「元」なら、名前だけでいいと思うけど・・・。

秋の国会が始まる。今までとはどんな違いがあるのか、よく見てみたい。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »