« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

テレビや新聞を見ると、今回の参院選は与野党逆転なるかと騒いでいるが、片田舎で暮らす者には、こんな静かな選挙もない。

国道は通っているが、民家の少ない我が地区は、選挙カーもあっという間に通過してしまう。

別段、候補者や宣伝車が来なくても、投票に迷うようなことはない。支持する党名を書けばいいのだ。

先日、病院へ行ったついでに、期日前投票をすませて来た。
明日の夜はウトウトしながら、ラジオを朝まで聞く事になると思う。

毎度のことだが、なんだか少しわくわくしている。

選挙が片付いた後の、各党の表情が見ものである。

|

四、五日前から近所のお宅が瓦屋根の葺き替えをしている。つれあいが見てきて「赤土を使わないで瓦を置いている」と、言っていた。

昔の家は(我が家もそうだが)屋根にはどっさり赤土が載っている。
聞いてみると、神戸の震災があってから、屋根を軽くするようになり、今は瓦一枚一枚を釘で止めて、赤土を使用しないらしい。

壁も昔の工法は「えつり竹」を組み、赤土で塗り固めていた。今は建材の進歩で不燃材のいいものがあるようだ。

孫か曾孫の代になったら、地震や台風に負けない家が、簡単に建てられるようになっているだろうか。

|

食欲のないときに、すこし冷やした「お粥さん」をいただくのが好き。
つれあいは「オラ、ご飯の方がエエ」と言って、仲々作ってもらえない。

「おじや」も食べたい物のひとつだったので、ヘルパ ーさんにお願いしてみたら、冷蔵庫にあった夏野菜を入れて美味しく作って下さった。
他に大根とニンジンのナマスも出来た。

お腹にも優しく、お蔭さまで美味しくいただけた。
たまにはこんな食事もいいもんだ。
ヘルパーさんに感謝!

|

大型台風の接近で、いろいろ予定していたことが変更を余儀なくされている。
子供達も三連休の帰省を取り止めることになった。

実家の父の一周忌を14日に行なうのだが、暴風圏内に入りそうなので、少し遠方の叔父や叔母たちには、「無理をしてお出で下さらぬよう」連絡をとったと聞き私もホッとした。
歳も行き膝や腰が痛い人ばかりだから、無理をさせてはならないのである。来月は初盆だから、この時またお会いできるだろう。

台風がもう少し沖に張り出して、通過してくれるのを念じている。

|

昨日は朝の9時から、テレビでイチロー選手の追っかけをした。

ヒットは打ってくれると思っていたが、オールスターの球史に残る新記録を打ちたて、MVPにまで選ばれるとは・・・。
嬉しくて嬉しくて、夜の11時のスポーツニュースまで見た。
勿論、今朝のテレビニュースも。何回見ても感動する。

ヤンキースのジーターは「イチローをニューヨークへ連れて行きたい」と、言ったそうだが、どうやらシアトルに残りそうなニュースも流れている。

明日、会見が行なわれるようだから、コメントが楽しみだ。

◎ 昨夜は阪神タイガースも巨人に連勝。最高の一日!

|

14日からの三連休に、子や孫達が帰省すると言ってきた。

下で記した蜂の巣もそのままにしていたが、孫達が刺されたら大変だと言うことで、のん太さんに教えていただいた、蜂専用のスプレーを購入。

連れあいは今夜にでも退治するらしい。

玄関先のコンクリートにも長雨による苔が生えてきていた。
足もとが危ないと、何度言っても放置していたが、これも孫達が滑って転ばぬように、棒束子できれいに掃除した。

孫の力は偉大なり。

|

Rabennda Hさんから、お庭のラベンダーで作った「ラベンダースティック」を頂きました。

私の部屋へ来た人は、よい香りがしているので、「?」と言う顔をします。

これを置いてから、不思議なことに夜よく眠れるようになりました。

ラベンダーにはそういう効能でもあるのでしょうか?

いいものを頂いたと感謝しています。

|

Hatinosu 納屋の差掛けに蜂が巣作りをはじめた。

この巣は大きくなると、サッカーボールのようになると聞く。

今の内に退治するといいのだが、つれあいは蜂が怖くて手が出せないようだ。

下に置いてある自転車をとりに行くのも恐々の様子・・・。

見上げてため息ばかりついている。

|

Dscf0025_2 80代のご夫婦の、ご主人の方が軽い痴呆になった。
お元気な時はいつもお二人で仲良く畑仕事をしていたので、今も奥さんが畑に行く時は後について行く。

キュウリやトマトの実を見つけると、未熟でもなんでも収穫しようとする。
玉ねぎも引き抜こうとするので「葉が折れてくるまで抜かないでおきましょう」というと、知らぬ間に玉ねぎの葉を折ってしまっていたらしい。

可愛いと言ったら失礼だろうか、この程度なら笑っていられる。

◎写真は頂いたトマトとナス。

|

Dscf00242 カメムシに吸われて傷んできた白桃を、少し早いがもぎ取ってしまった。

「よいとこ取り」をして、二瓶ほど氷砂糖を加えて焼酎漬けにし、残りも電話で押し売りをして片付けた。
焼酎漬けはまだ昨年度のも残っている。

山桃の焼酎漬けは義妹が「私が飲むから・・」と、貰ってくれた。
今年もそろそろ山桃の熟れる頃だが、まだ誰からも採りに行ったと言う話がない。
「また来年も漬けてあげるワ」と、約束したので少し気になっている。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »