« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

500_5

今日はちょっと暑いくらいの気温。

寒がりの私もさすがに、服を一枚減らし、膝掛けも不要。

山も空も霞んでいると思ったら、黄砂が降っているらしい。

飛行機雲もかすんでいる。

| | コメント (6)

Sikuramenn450我が家のシクラメン、 四鉢が三鉢に減ったけど、まだまだ頑張って咲いてます。

一番左が昨年の11月にmoyaさんが下さったシクラメン。葉っぱの下に、まだ蕾があります。
他の二鉢は一昨年買ったもの。ふた冬、咲いてくれてます。
一番右のは、葉っぱの出が悪いのに、花をいっぱいつけました。いくらなんでも、三冬は無理でしょうね。

    この温さで桃の花が咲いてきた

| | コメント (6)

500 今日は病院の診察日。予約をとっていても帰宅したら1時を過ぎていた。

お昼を食べ終わったところへ田辺の義妹たちが来訪。
義妹は先月胸膜炎になり、痛みが酷くて俯くことも、寝返りも出来なかった由。
可哀想に手も「しもやけ」が治らないために、指の色が変わっていた。
七人家族だが、五人もインフルエンザに罹ってしまい、今問題になっているタミフルも飲んだらしい。ニュースで見るような副作用が出なくて本当に良かった。

     白桃の花が5輪ほころぶ            

| | コメント (6)

二男が隣県に家を建てて落ちついたので、私達にも、見に来るようにと言ってきた。しかし、連れ合いは、「行きたいが車で長距離を走りたくない」と言い、私も身体が不自由で、ベッドがないと泊まる事が出来ない。

こんな両親のために、忙しい息子達が相談しあってくれている。
先ず長男一家が車で来て、我が家に一泊。翌日私達を乗せて二男宅へ向かうという事になりそうだが、双方に都合があり、日にちが定まらない。

今朝、長男から届いたメールによると、二男は福祉用のベッドをレンタルしてくれるようだ。そしてゴールデンウイークにと言っているが、長男の方は5月の連休は当直が2回もあるし、会議もある。

行くとしても道が混み、時間がよけいにかかる、また途中のトイレ休憩も駐車場が一杯になるから無理だと言う。
それもそうだ。身体の不自由な者を連れるとなると、神経も疲れるだろう。

息子達夫婦に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。私は彼等の都合の良い時でいいのである。もっと先でもいいと思っている。嬉しいことの先送りは心の張りにもなる。
「無理せんでもよいから・・」と、メールを送ろうと思う。

| | コメント (6)

ヘルパーさんに手伝っていただいて、連れ合いがキンカンジャムを作った。

ミキサーで細かくし、砂糖の代わりに蜂蜜を使用、滑らかで美味しいジャムになった。
一番苦労していたのが練り上げる時。焦がさぬようにするのが難しいようだった。
種を取り出す作業も、気短な連れ合い一人では、ここまで出来なかったと思う。
手伝ってくださったヘルパーさんに感謝、感謝!

翌朝、食パンにつけて食べてみたら、キンカンの香りと、少しの酸味もあり仲々のものである。
来年はもう作らないと言っているが、「キンカンを見たら、きっとまた作りたくなる」と、ヘルパーさんと笑った。

| | コメント (6)

水仙が満開だし、洋蘭も咲いていると言うので、昨日連れ合いに撮ってもらった。
PCに入れてみたらボケばかりで全部削除ということに。
もう一度撮り直してもらえると思ったのが甘かった。

今日、再度お願いしたが「もう、よう撮らん」と言われてしまった。
本人の前で、全部削除にした私が悪かった。
何枚か残して置けばよかったと反省している。

     夕暮れ近くになって雨音   

| | コメント (4)

お昼前のNHKテレビで、我が地区の重畳山(かさねやま)の山桜が放映されていた。
小学校の時から遠足と言えば重畳山に決まっていた。
あの頃はまだ人一人が通れるような山道を登ったものだが、今は車道がつき、沿道にソメイヨシノも植えられている。

重畳山の下の林道をぐるりと廻って、古座川町へ出るコースも良い。
自分で車の運転も出来ないのに、勝手知ったる(?)山道を、思い出しては楽しんでいる。

     日本海側では大雪、冬が戻ってきた

| | コメント (7)

週間天気予報を見ると、寒さは当分続きそうだ。
12日の朝の気温は0度の予想が出ている。これはこの冬初めてのこと。

数年前、油断をして屋外の水道管を破裂させたことがあった。
「風があるから凍らない」と、連れ合いはよく言うが、それが当たらない時もある。気をつけねば・・・。

ヒジキ揚げと、フノリの口開けを知らせる回覧板が廻ってきた。
寒いけれど、やっぱり春が来ているようだ。

| | コメント (8)

止んでいた雨がまた降ってきた。生垣が揺れているから風も大分吹いているようだ。
今朝から腰の鈍痛が取れない。ゴムバンドの締め具合が良くないのかなぁ。

昨日、同じ病院へ通っているリウマチ仲間が来て言うのに、私も診て頂いている医師が、たった一年で交替するらしい。
もうガックリだ。やっと顔と病気を覚えてもらったと思ったら、またかいなぁ。

専門医の居る病院は遠くて体力のないものは通院できない。
四月から来て下さる医師のご専門は何だろう? 気掛かりなことである。

| | コメント (13)

Photo_71 東京のペンフレンドからお雛様の絵葉書が届いた。
弥生三月は雛の月、友の心遣いが嬉しい。

子供の頃実家に、いちまさんが一体あり、私はめったに触らせて貰えなかった。
ある時、今でも残っているかと老母に問うてみたが、記憶にもなさそうな返事だった。

産んだ子は男ばかりで、床の間にお雛様を飾ることもなく来たが、三月と聞くと微かに心が動く。

東京から遥々お越し下さったハガキのお雛様を、暫らく壁に留めて、楽しませて頂くことにする。

     

| | コメント (15)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »