« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

化かされた?

昨夕お勤めを終えてから、moyaさんが「ハガキ」を届けに来てくださいました。ついでに調子の悪いパソコンも見てちょうだいと言う事になりました。

実は、2週間ぐらい前から、gooのブログにコメントが書き込めなくなり、悩んでいたのです。。以前のように「投稿」をクリックしても、また数字を書き込んでクリックせよと出てきます。指示通りにしてもアップされず、同じことの繰り返しで、困っていたのです。

先ずmoyaさんのブログhttp://blog.goo.ne.jp/misaki-moya/のコメント欄でテストをしてみました。よけいな数字が表示されることもなく、一度でアップできました。続いてNさんのブログもすんなり行きました。まるでキツネかタヌキに化かされたみたいです。moyaさんは私の後ろに立っていただけなんです。

「moyaさん、あなたの後ろを見せてちょうだい。ひょっとして尻尾が出てるんじゃないの?」と、大笑いでした。おかしなこともあるもんです。

moyaさん、お疲れのところありがとうございました。

| | コメント (13)

たかがハガキされど・・・

ハガキをきらしたので地区でたった一軒、昔から切手やハガキを販売している店へ買いに行ってもらったら、「最近は売れないので置いてない」と言われてきた。

ハガキを書く人がそんなに居なくなったのだろうか。街の郵便局まで行かねばならぬとは実に不便である。

病院で寝たきりの友人に出そうと、孫の写真を入れてパソコンで絵葉書を作ったのに、ひとまず保存と言うことになった。

| | コメント (8)

寒グレ

甥っ子達が向かいの大島へ釣りに行ってきたそうで、グレをいただいた。刺身にして食べたが冬の魚は本当に美味しい。

赤い身のマグロより、この時期のグレやアマダイの造りの方が数倍味がある。値の高い魚が美味しいとは限らない。

2尾のうち1尾は明日煮付けにするらしい。これも楽しみだ。

    今年の区費と寺米代の集金人来訪 

    昼前から曇り空になり寒し  

| | コメント (8)

脳腫瘍

最近、近所のご主人が脳腫瘍の手術をうけられ、無事職場に復帰された。

どうして病気が発見できたのかと聞くと、まっすぐ歩いているのに、どうしても斜めに進んで行くので、おかしいと思って病院へ行ったと言う。

数年前の友人の話にそっくりだと思った。

友人は、道路を歩くと車が寄って来て危ないので、てっきり目が悪くなったと思い、眼科に行ったところ「紹介状を書くから、今すぐ○○病院へ行くように」と言われ、早期に手術をうけることができたのである。

ちょっと変だと思ったら、放っておかないでやっぱり病院へ行くべきだと、つくづく思った。

| | コメント (0)

Photo_69 ヘルパーさんに衣類の補修をお願いする。ミシン仕事の経験がおありとかで、ちょっとした補修なら、簡単にしてくださるので助かっている。

妹がキンカンを持ってきてくれた。蜂蜜を入れて煮たのもあるが、何故か真っ黒だとか。よければ上げると言うので、今度持って来て見せてと、お願いする。

降りそうで降らずにきた天気も、夕方になり雨音がしてきた。

| | コメント (2)

洗髪

Photo_68 洗髪はベッドに寝た状態でヘルパーさんにして頂いている。

洗髪の道具を使うのは初めてと言うヘルパーさんに、指導係が付き添ってきて、一から十まで説明しながら、私の頭を洗って下さった。

初めての仕事は、このようにして覚えていくのだろうが、モデル役としては、このような簡単な講習は、舞台裏で済ませてから来てほしいと思うのである。

ボランティアではないのだ。いささかプロ意識に欠けているのではなかろうか。

    

| | コメント (8)

老老介護

腰に巻くゴムベルトの位置が、ほんの少し違っただけで痛みがくる。二度も三度も巻き変えを頼むと、さすがに連れ合いも機嫌が悪くなるがまぁ何とかやってくれる。

テレビで三組の老老介護家庭の様子が放映された。私達も他人事ではない。見終わった連れ合いは「オラの方がまだ楽やナァ」とつぶやいた。私は「あんたも私にようしてくれてるヨ」「頼りにしてるで」と言ったが返事がなかった。

でもその後で機嫌よく着替えをさせてくれ、ベッドに入った私の肩先が冷えないように丁寧に布団を押し当ててくれた。ほんのちょっとしたことだが何だか連れ合いの微妙なPhoto_67 心が伝わった気がした。

| | コメント (6)

朝から曇り空で寒い一日になった。

こんな日は温いうどんでもと話していたら、近所のMちゃんから「お昼ご飯を食べずに待っていて」との電話。二人で待つこと40分。

湯気の匂いも香ばしいアツアツのウケジャが届いた。焼いたヨモギ餅と白餅が六個も入っている。もうこれだけでお腹がいっぱいになった。

寒い日は何よりのご馳走だ。食べてしまってから、写真に撮っておけば良かったと気がついた。今度また頂いたら(厚かましいネ)忘れずにパチリします。

Photo_66

| | コメント (8)

私の部屋は東南にあるので、日当たりがとても良い。シクラメンを窓際に置いておくと、どういう訳か花の軸が曲がってくる。それがやがて陽が翳ると、徐々にまっすぐ立ち上がってくるから面白い。

シクラメンで思い出す人がいる。昔和歌山市の病院に入院した時、隣のベッドに若い娘さんが糖尿病で入ってこられた。小椋ケイが好きだと言って詩集をよく読んでいた。私は「シクラメンの香りしか知らない」と言うと他の詩も読んで聞かせて下さった。

退院してからも年賀状のやり取りをしていたが、目がだんだんお悪くなり、それもかなわなくなってしまった。お元気で居て欲しいPhoto_65 と願っている。

| | コメント (2)

同病の友人が、庭で仰向けに転倒してしまい、起き上がることも出来ず、背中で懸命に這って玄関まで行き、ご主人を呼んで起こしてもらったと言う。「実は私も・・・」と、お互いに似たような話をして「あかんようになったねぇ」と笑い合った。

今日は近所から煮豆と、釣りたての大きなカマスを頂いた。カマスは夏の魚だが今頃釣れているとは、やはり異常気象で、水温が高いのだろうか。ちなみに20時30分のこの部屋の温度は20℃、暖房はしていない。真冬にこの温度もおかしいよネ。

| | コメント (4)

我慢我慢!

腰のゴムベルトをきつく締めて、パソコンの前に坐ると、なんだか気分がしゃっきりする。

昨日はちょっと頑張りすぎて、連れ合いから「エエ加減にしとけ!」と叱られた。「お気に入り」のHP巡りは、まだ我慢我慢!

今日は少し溜まっていた「まぐまぐ」からのメールを整理した。新聞も読みたいがこれは明日に持ち越し。無理はいけない。

     本日は曇天なり  風無し

| | コメント (4)

今年もよろしくお願いします

久しぶりに「山茶花の家」の扉を開けることが出来ました。

皆様お変わりございませんか。

沢山の温かいコメント、ありがとうございます。とても励みになりました。

まだ痛みはありますが、ぼちぼち元に戻して行きたいと思っています。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (6)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »